京成電鉄のページです。

京成電鉄

 

京成電鉄の中心となる京成本線の始発駅は上野駅です。

 

浅草と並び、台東区の政治、文化、商業の中心とも言える上野、まさに下町の中の下町ともいうべき上野駅を発車した列車は北千住でJR山手線、京浜東北線、常磐線と連絡してから、町屋、千住、関屋と荒川区、足立区の下町を過ぎて、青砥に至ります。

 

この青砥から分岐する押上線は立石、四ツ木から押上までの路線ですが、この路線が通るのは葛飾区、墨田区というこれまた下町ど真ん中。

 

駅前のお総菜屋さんで地元のおばさんたちが買い物している風景が目に浮かぶようです。

 

青砥を出た列車は、江戸川区の小岩をすぎて、千葉県に入ります。

 

東京から千葉へと向かう路線は、JRだけでも京葉線、総武線、常磐線とありますが、葛西臨海公園や言わずとしれたTDR(東京ディズニーリゾート)、幕張を結ぶ京葉線以外の路線はこの京成本線も含めて生活に密着した路線であると言えるでしょう。

 

京成本線は船橋を過ぎ、水郷で有名な佐倉から日本の玄関口、成田空港へと進みます。

 

成田空港は言わずと知れた日本最大級の国際空港で、インターナショナルな雰囲気が駅にも漂っています。

 

このように京成本線は東京のダウンタウンと世界を直結する変化に富んだ路線だと言えるのではないでしょうか。