東京急行電鉄(東急)のページです。

東京急行電鉄(東急)

 

東京急行電鉄渋谷から発車する東横線(渋谷−横浜)と田園都市線(渋谷−中央林間)を中心として、東京南西部から神奈川県東部一帯に路線を有する東京急行電鉄は、渋谷の街づくりにも大きく影響を与えてきました。

 

渋谷駅前に広がる東急百貨店や「まるきゅー」の愛称で親しまれる渋谷109、雑貨店という範疇ではくくりきれないほどの存在となりつつある東急ハンズといったショッピングゾーンに渋谷駅直結のエクセルホテルにセルリアンタワー内の東急ホテルといったシティホテル群、日本の伝統文化継承のための東急Bunkamuraなど、あっちを見てもこっちを見ても東急グループ関連の施設ばかりです。

 

まさに渋谷の街は「東急村」、渋谷の街は東急が作り出してきたものだと言えるでしょう。

 

そして、今建設されている東京メトロの副都心線(渋谷−池袋)に東横線が乗り入れるため、田園都市線が東京メトロ半蔵門線に乗り入れたときと同様、渋谷の手前の代官山から渋谷までの地下駅化計画が進行しています。

 

そうすると現在の東横線渋谷駅の跡地がどうなるのか?

 

その時渋谷はもう一つの進化を見せるのかもしれません。

 

渋谷とともに歩んできた東急ですが、他にも五反田から戸越、池上を経て蒲田へと東京南部の下町を結ぶ池上線や旧玉川電鉄(玉電)の一部であり、東京では数少ない路面電車の世田谷線など、東横線、田園都市線とは違った独特の風情を持った路線もあります。

 

こういった二面性もまた東急の魅力なのかもしれません。